« 6月3日の釣果 | トップページ

船外機交換

中古で購入後、400時間を乗っていたのですが、新古?のエンジンが出たため、急遽乗せ換えをした海映丸です。

理由は、初期型のF150Aを積んでいたわけですが、実走時間が不明なため、乗せ換える事とを決断しました。

車の頭金と思っていた貯金をすべて放出、これで、車は後5年は乗らなくてはなりました(滝汗

車は止まっても何とかなりますが、船は海難事故扱いになるので、仕方ありません。

貧乏人の愚痴はそれぐらいにして、こんな感じで船舶検査も終了しました。
今回は、本検査とタイミングがあったこともあり、乗せ換えたわけです。

Dsc03075

SUNCAT7.7C/Cは、適正出力が175Psのため、速度制限が付きました。
とわ言え、32.9ノットなんて出ませんよ・・・

Dsc03078
Dsc03076
Dsc03073

今回は、私の運気が下がっているのでしょうか・・・

インジェクションの初期不良があり、インジェクションを4個とも交換することになりました。

まあ、すべて新品になったと思って前向きに考えます(遠い目

その後の、プロペラのマッチングも大変でした。ボートショップ海さんのおかげで、無事終えたことには本当に感謝します。

他の新型SUNCAT245のデータなども踏まえて、17-T(15-1/2)で初期テストを行いましたが、これがなんと・・・

2.000回転-9Kt、3,000回転-17Kt、4,000回転25Ktで、MAXは4,000回転までしか上がりませんでした。

YAMAHAさんに問い合わせしていただいて、15-M(14-1/2)をレンタルして、再度テストすると、2,000回転7.5Kt、3,000回転13.5Kt、4,000回転21Kt、MAX5,300回転30,5Ktに改善しました。

ピッチは2インチ、ダイヤは1インチの変更で、これだけ変わるのはびっくりです。
プロペラ選びの大切さを痛感しました。

本来、このF200Fは搭載していたF150Aとベースは同じでなので、重量の増加も少なく積載人数の減もありませんでした。速度制限は33Kt程度なので、まったく問題はありません。

現在は、レギュラーガソリンを使用しているため、最大パフォーマンスを得られていませんが、燃費も10%ほど良くなるらしいので、レギュラーとハイオクの金額差はこのあたりで吸収できると思います。

今後、気づいたことがあればアップして、報告しますね。最新の液晶メーターも付けてみましたが、日本語がイマイチの感じですかね~?ちょっと使いにくい感じもしますが、意外にシンプルです。

そのあたりの、レビューも書ければいいのかな?(努力します

7月頭に上架して、すでに8月です・・・

この間に、沖縄にアドバンスウォーターダイバーのライセンス取得に行っていますので、時間ができたら、アップします。

今年は、台風が多そうなので不安です。

次回出航はいつなのかな~

|

« 6月3日の釣果 | トップページ

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 船外機交換:

« 6月3日の釣果 | トップページ